SCナビシステム

 SCナビシステムは従来のソーラーサーキットに対し、気密と通気を自動で使い分けできるシステムです。

  「閉じる」と「開ける」を自動でコントロールします。

  外の温度は、季節や、朝・昼・夜でも変わります。しかし土の中や、陽射しを遮る日陰では、温度の変化が少なく、

  比較的安定した温度が保たれているために、心地よく過ごすことができます。温度の変化が少なく、比較的安定した

  温度が保たれているために、心地よく過すことができます。ソーラーサーキットナビゲーションシステムは、

  このような自然の心地よさを活かすために生まれました。

   晴天のとき、雨のとき、風のとき、気候は敏感に変化をしています。一日のうちでも朝と昼と夜では温度が異なります。

  また市街地、郊外などの周辺環境も温度に影響します。

  「めざしたのは、自然と上手に付き合うスローな暮らし」「自然の心地よさを楽しみながら、健康、快適、省エネなどを

  考慮しつつ暮らしたい」そんな気持ちをサポートするのが、ソーラーサーキット ナビゲーションしすてむ(SCナビシステム)です。

  

昼間の爽やかな風を取り入れたい
初夏の場合
   昼は開けて乾燥した外の空気を入れたいけれど、夜は寒くて
  開けたくない。
   外の温度変化が大きい初夏の季節でもSCナビシステムならば
  夜は閉じて保温、昼は開けて床下や小屋裏を通気することも
  簡単です。外気温度センターが感知して自動で行われます。
  
冷気も自然の風も上手に使いたい
真夏の場合
    あまり暑くない夜は外の空気を入れて暮らしたいけれど、
   暑い昼は冷房も欲しい。SCナビシステムならば冷房が
   欲しい昼はSC床下ダンパーを閉めて床下の冷気を保持
   しながら、暑くなりやすい小屋裏だけを通気して排熱も
   します。
    夜は床下から小屋裏へ外の空気を入れて、家の熱ごもりを
   排出する通気モードに自動で切り替わります。  
   

SCナビゲーション